2019年05月21日

備品諸々

突然ですが、カメラのストラップって収納する時に邪魔に思ったりすることありません?

そんな人にはピークデザインのストラップはいかがでしょうか。
アンカーリンクスというパーツによって脱着が簡単になって重宝するんですよ。
また、レンズによってはハンドストラップで使いたい時があったり、ポーチへの交換もすぐに出来たりします。
一度使ったらきっと便利に思うはずです。

ピークデザインの製品は以前から愛用していてお気に入りなのですが、
現在は「スライドライト」をD500に使っています(D5は大砲部隊に混じるためなんとなく純正ストラップ^^;)。
# 公式サイトはこちら(7千円くらいで購入)

↓こちらは「スライドライト」の紹介動画です。



その他の備品としましては・・・
D5&ゴーヨンで使っているカメラバッグはハクバの「SGWPR-LSBPGW-PRORED36L」というモデル。

ロープロの600シリーズが生産終了になっていて代わりにコレを選んだのですが、なかなか頑丈な作りですよ。
そして、最大の特徴?がメインの収納部以外にデッドスペースを上手く利用したサイドポケットの存在です。
この容量のあるサイドポケットのおかげで使い勝手が良く、
大砲クラスのカメラバッグが必要となる人には候補の一つとしてお勧めしておきましょう。
# 公式サイトはこちら(2万円台後半で購入)

機材8割&運2割のためにはカメラやレンズだけでなく三脚も大事でSIRUIの「R-4214X」というモデルを選択。
半球状の受け皿も標準装備(ザハトラーとの相性も良し)でしたし、安定感があります。
ジッツオなんて高級ブランド品には手が届かない私にとって、十分に役目を果たしてくれています。
# 公式サイトはこちら(7万円台で購入)

後はそうですねぇ・・・
機材だけはいっちょまえに揃えて新たに物欲が沸かないのは救いなのですが、
レンズコート(迷彩柄のカバー)を後回しにしちゃったまま現在に至っています。

どちらかというと、素の状態のレンズの見た目や操作する時のダイレクト感が好きなんです。
もう抱き枕にして一緒に寝ているくらい。
まぁ、それは冗談ですが、迷彩仕様とそうじゃやない場合で野鳥に対して差はあるんでしょうかねぇ。

幸い、ご一緒させて頂いているのは寛容な方ばかりなのですが、
場所によってはレンズコート付けていないと「野鳥が気にするから此処はダメ」なんて歓迎されないムードも・・・
でもね、私思うんです。
1人だけレンズコート付けていなくても、そこに10人居ればすでに野鳥は警戒しまくっているのでは?
それに、野鳥が気にするのは人の動作や「猛禽や動物の目を思わせる丸いレンズ部分」じゃないのかと?

あ、こんな風に書いていますが、レンズコート否定派じゃないですよ(^^;
もちろん、暗黙のルール的なものは理解しているつもりですし、レンズ自体の保護にもなりますしね。
ただ、付けていたら経験豊富に思われてしまうかもしれないじゃないですか。
私は永遠の初心者であり続けたいのですw
posted by きーじぇい | Comment(6) | デジカメ関連 |
この記事へのコメント
きーじぇいさん、こんばんは
今朝の出勤は大丈夫でしたか?結構降ってましたからね・・
このストラップイイですね、何んと言ってもレンズが下を向くこれ重要なんです
ちょっと人ごみの中を歩く時とかレンズが真横向いていると当たったりしますから
欲しいものリストに入れておきます^^
レンズカバーは大きく分け2種あり、「LensCoat社」のウレタンスポンジタイプと
布製の「RolanPro」がありますが、耐久性は遥かに布性のRolanProが優れてますよ、
ワッペンも貼れるし・・
明日は水位が戻ってないので何もできないかも・・

Posted by ASK at 2019年05月21日 18:43
こんばんは
きーじぇいさんはゴルフを始めるとしたら~
先ず道具から入る方のタイプですよね。
撮影もしかり、自転車も。
このストラップも中々素晴らしいのですが
ボクのように物を置き忘れるタイプには
向かない気がします。あっという間に
どちらかを失くすでしょう。
三脚は欲しいですね~あの軽さ機能性
そしてあの価格~いつか買い替えたいものです。
レンズコートは、自分にとっては不要な物
車のシートにカヴァーをかけると逆に汚れます
1番良いのは、いつも磨いて綺麗を保つ事~
分かっては居るんですが、どうも理想には程遠いです。
Posted by TKN at 2019年05月21日 19:00
きーじぇいさん、こんばんは。
平日のブログ更新だなんて、珍しいこと。
さて迷彩の件ですが、ハッキリいってコレは野鳥には何の効果も無いと思います。
野生動物はこのくらいで誤魔化すことは出来ません。
要するに撮影者側の自己満足です。
服装等の色についても、黒地に黄色などの、やたらとコントラストが高いもの以外は全く影響無いようです。
長年撮影してきた経験から、野鳥に警戒心を抱かさないための手段としては、人間と野鳥の間に某かの障害物を置くということです。ブラインド、生け垣等。
あとは、撮影時に無駄口叩かず静かに真剣に撮る・・・というくらいでしょうかね(^^;)
Posted by だっく at 2019年05月21日 19:22
ASKさん、こんばんは。
雨が酷くなる6時前に家を出たので影響は少なかったです。
ストラップはそうですね、レンズの下向きは重宝しますね~
リンク部分は細い紐ですが、耐荷重が90kgあるので強度も充分です。
お分け頂いたワッペンを貼るためにもレンズカバー装着しようかしらん(^^)
Posted by きーじぇい at 2019年05月21日 20:30
TKNさん、こんばんは。
ストラップは忘れずにカメラを忘れるTKNさん、想像してしまいました(^^;
三脚は良いモノをお持ちじゃないですか~
あの脚回りのガッチリ感はやはり素晴らしいです。
今のところレンズは綺麗にしているつもりですが、フードはそのうち傷が付くでしょうね。
Posted by きーじぇい at 2019年05月21日 20:30
だっくさん、こんばんは。
迷彩するなら衣服も全て、そしてブラインドでひたすら待つくらいしないとダメなんでしょうね。
のんびりした感じの撮影前とカワセミがやってきた瞬間からのメリハリがある河口は素敵です(^^)
>黒地に黄色
阪神タイガースの恰好は止めておきますw
Posted by きーじぇい at 2019年05月21日 20:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください